上司の反撃

図らずとも、ということではあったが、

直属の上司のことを、そのまた上司に注意してもらうという展開になり、

直属の上司からすると、私は「チクリやがった奴」という存在になった。

 

図らずとも、というのは、私はもう辞める気でいたので同僚に話したところ、

同僚が社長に言ってくれたのだった。

そして社長から私にヒアリングがあり、その後直属の上司に注意があった。

 

それが昨日のこと。

 

今日、直属の上司からは仕事の指示などの連絡が全く無く、

私は自分の仕事の報告があったため、連絡をした。

 

いつにも増して、嫌味っぽく、私のミスを指摘する。

ミスをする方が悪いのだが、

中には私のミスでは無いものも私のせいにされている。

そこはやんわりと否定しておいたが。

 

前からそうだった。

丸投げでほったらかしなので、

手探りで仕事をし、そこにはミスが起こる。

ミスを目を皿のようにして見つけたら、ネチネチと責め立てる。

説教の中には、必ず自分はミスをしたことがないという自慢話になる。

よく奴がミスってるのを見かけるけれど。

 

奴は知らないのだろうけど、

私はもういつ辞めてもいいと思っている。

だからこそ、社長にヒアリングされた時に隠さずに話した。

別にこの仕事に未練も執着もない。

どうにかして辞めさせようと思っているのなら、そうすればいい。

 

今後は、仕事を振らないという嫌がらせをしてくるかもしれない。

そうなったら退くのみだ。

そうなった時のために、いろいろと準備をしておこう。

勤務日数も減らしておこう。

 

今やってみたいこと

・図書館通い

・自分で服を作る

 

仕事を辞めようと思って

お金を使わない生活を考えてみた。

結局仕事は辞めないことになったけど

この2つ、やってみたいなぁ。

 

すぐにでもできそうなことではあるけれど、

なかなか私にはハードルが高い。

 

がっかりさせる勇気

人をがっかりさせることを恐れずにいられるようになりたい。

全ての人を満足させることは難しい。

そんなことを目指しても、絶対に完璧にできるはずはないし、

完璧にできないのに、自分もバラバラになってしまう。

 

全ての人を満足させることが始めから無理なのであれば、

最初からそれは諦めて、

自分を満足させることだけをまず考えよう。

それをひとりひとりが考えれば、

人の満足を気にしなくても済む。

 

自分の面倒は自分で見よう。

 

自分にやさしく

出社予定だったのを、在宅に変更した。

 

昨日から少し体調が悪く、今朝になっても治っていなかった。

 

昨年までの私なら、おそらく予定は変えずに少し無理をして出社していただろう。

 

だけど今の私は、自分の声を聞くと決めている。

 

ここ数年でかなり久々に、体調不良で予定を変更した。

 

自分の声は、自分にしか聞こえない。

だからちゃんと聞いてあげないと。

 

他の人にもそうするように、

自分にもやさしくしてあげようと思う。

 

こんなこと、普通じゃないかと思われるかもしれないけど、

以前の私はできなかった。

今も、以前と違うことをしている、ということに少し不安があるくらいだ。

 

だけどもう、前の私のようにはしないと決めたから。

 

自分を大切にすることは、全てのものを大切にすることにつながると思っているから。

 

全てのもののために、まず私は私を大切にする。

仕事でミスをした。

仕事でミスをしてしまった。

落ち込む。

 

それと同時に、昨年の10月にこの仕事を始めてからの色々なことを俯瞰して考えてみた。

 

直属の上司に、とてもお世話になっていたのだなぁ

と思った。

 

経理未経験の私相手に、

忙しい中業務を伝えるのは大変だっただろうなぁ。

 

感謝だ。

 

当たり前のことだけど、

仕事は真剣にしないといけないなと思った。

 

会社が閑散期なことも手伝って、とても気が抜けていたように思う。

 

自分の好きな仕事の副業を始めてみて、

改めて本業の大切さと、ありがたさとを感じる。

もっと真剣にしなければと言う思いがわいてきた。

だからこそ、今回の失敗はとても心に響いた。

 

 

 

優先することを明確にする

なんでも、容量を先に考えることが大切ではないだろうか。

 

ごちゃごちゃした玄関を整理したくて、

ガラスのプレートを1枚買った。

玄関にはそれしか置かない。

その上に、鍵やハンコを載せておく。

 

そしたらおのずと、そこに置いていた他の物は、

処分するか、別の場所に収納が必要となる。

だけど玄関はその状態にしたいから、

それを一番先にやって、後の処理はそこから考える。

最優先は、玄関をどのような状態にしたいか。

そうすると、しなければならないことが見えてくる。

 

他の場所の整理にも言えることだし、

自分に関しても言えることだと思った。

 

こうありたい自分を最優先する。

こうありたい自分と、これができる自分、これはできない自分

それを先に把握しておく。

そうすると、おのずとするべきこと、しない方がいいことが見える。

それは誰だって、自分の内側にたずねればわかる。

わからない人は、長年の我慢などのせいで、わからなくなってしまっているだけ。

よく自分の心の声に耳をすませば、誰にでもわかる。

わからなくなった時はこうするのが嫌だ、ということならわかりやすいと思う。

 

自分のことだから。

自分の声は、自分にしか聞こえないから。

自分にしか聞こえないものは、ちゃんと聞かないと。

 

他人の声や要望を最優先してはいけない。

全ての間違いはそこから始まる。

 

私はこうしたいからこうします。

あなたはそうしたいならそうしてください。

一緒にするなら話し合ってお互いの要望をできる限りくみとりましょう。

 

何事もそのスタンスが良い。